ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

学びの成長期 12才までに伸ばしたい

こんにちは、

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

 

500人超えた、、、!

石川県のコロナ感染者が504人に、、

 

 

一日に何度もあちこちで手の消毒をしているので、

ハンドクリームをぬっても追いつきませんが、

かさかさでもやらないとダメです。

 

継続して感染予防対策をしていきます。

 

 

 

さて、前回『学びの黄金期』の続きですが、

 

習い始めに適しているのは4才くらい、

と話しましたが、

 

次は一番伸びる時期、伸ばしたい時期、は

いつか?

 

それは小学生の時期、12才まで。

 

 

それまでにどれだけ伸びるか、

どういう練習をしたか、量や質、

どれだけ経験をしたか、発表会の参加回数や

グレードテスト、コンクールの参加回数、

 

などが、実はその後の道につながるかどうか、

の判断にもなります。

 

 

 

そして、上達が自信に繋がるような経験、

 

例えば、

 

音楽の時間でスラスラ音符が読める、

グレードテストで合格した、

コンクールで受賞した、

弾けなかったけど練習して弾けるようになった、

沢山合格して教本が変わり上達を感じる、

ピアノを弾くと喜ばれたり褒められた、、

 

 

など、これらを沢山経験し積み上がり、

 

嬉しい、認められたと

ピアノが”強み””自信”になります。

 

 

 

だから、小学生の時期はとにかく沢山の

経験をして欲しいので、恐れずにグレードテスト

などチャレンジして欲しいです。

 

 

子ども時代にチャレンジをするのは、

大人になってもコツコツ準備し頑張れる

粘り強い気持ちを育てます。

立ち直る強さも。

 

 

さて、そこでキーマンになる人がいます。

 

 

それは、、〇〇さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

学びの黄金期
子どもは〇〇〇〇次第!

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.