ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

音をきるって難しい!

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

前回は音をつなげる、だったので、今回は逆で、

音の切り方、について。

 

タッ、

 

音を短く切って弾くことがあります。
スタッカート、です。

 

 

指導する側としては、
音をつなげるよりきる方が指導が難しいとわかります。習い始めはうまく切れない。

 

 

打鍵する長さを短くするのですが、
それをやらなきゃ、と意識しすぎて、その音だけ強くなったりします。きる、ので、次の音へのつながりが難しくなる(着地)

 

また、ニュアンスで、軽くパッと切りたいか、そんなにするどくしないか、少し指先を残すか、あまくきるか、、など切り方にも色々あります。

 

 

スタッカートも、ついている音の長さの約半分の長さ、が目安です。どんな音符でも同じようにきるわけではありません。

 

耳でその違いを確認していきます。

 

こうやるとこうなる、色々な切り方をやって覚えて欲しいです。

 

 

 

つなげたり、きったり、加減していく、

 

いや〜、深い❣️(≧∇≦)

 

ピアノって、ほんと奥深いと思いませんか?

 

 

上達していくと、どんどん新しくことを習得していって、テクニックが上がり音色が多様になります。

 

 

そういうところが、ピアノの魅力ですよね〜(´∀`)

 

 

 

 

 

 

音をつなげるってどうするの?
2つのやる気 

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.