ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

細い指 ピアノを弾くのに不利か?

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

 

コンクールの演奏動画を見てると、

画面が色々な角度から映ります。

 

 

全体、顔、手元(指)、

よく伝わり、まるで近くで聴いてるようです。

 

 

うわ!細い〜!

 

手元が映るとき、細い指の方がいます。

 

ピアノを弾く時に、指が細いと何か不利に

なるでしょうか。

 

少し太い方が、大きい音をしっかり出せる気が

しませんか?

 

答えは、あまり関係ない、です。

 

 

そもそも、大きい音は指の力だけで出さない

からです。

 

 

ピアニストは、細くても指の中に芯があって、

しなやかで強いから、深い音がだせます。

 

バネやタイミングも合わせて、

『鳴らす』んです。

 

 

身長178センチの男の人と身長158センチの女の人を

比べると、そりゃ〜体格差もあるし力も違うし、

手の大きさも違う。

 

 

それで大きな音は同じ音量にはならないですが、

 

それぞれの『大きな音、深い響く音』があって、

 

ピアニストはそれぞれが自分の最大値を

出せています。

 

逆に、小さな音を、霞のように弾けたら、

音量の幅はすごい広がります。

 

 

どんな指でも、なめらかに動いて、

すごいです。

 

 

牛田くんの指

 

でもすごい低音だった!バスで

あんな音が出せるなんて、、ひゃー、

(小指で大きな音をだしてます)

 

 

 

 

 

子どもは演奏で〇〇が上手くできない
二次予選通過し三次予選へ‼️

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.