ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

歌が下手は〇と〇を鍛える

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

やんわりと表現しましたが、つまり、、

 

 

音痴、

 

という事です、はは。

 

 

音痴の方は歌を100回歌ったら直るのでしょうか。

 

 

確かに、1回目より100回目の方が改善されて良いかもしれませんが、

 

 

このやり方は、根本的な解決にはなりません。

 

 

そもそも音痴って、どういう事でしょうか。

 

 

これは、正しい音程になっていない、正しい音程をとれない、事です。

 

それで、

カラオケに行っていっぱい歌えば上手くなる!

 

とカラオケへ行くかもしれません。

 

回数を増やせば、その曲はだんだん慣れてくるので上手くなった気がします。

 

 

では、違う曲を歌ったら?

 

 

 

音痴を直すには、まず声ではなく、

 

 

を鍛えていきます。

 

 

 

音程が合っている、いない、の判断をするのは聴く耳です。

 

耳が正しい判断ができないと、直しようがありません。

 

 

それで、音階、を聞いてもらいます。

 

ドレミファソラシド〜♪

何度もきく。

弾きながら一緒に歌う、何度も。

 

 

この音の階段をよく聞いて、上がり具合、ドからレへの上がり幅を体感します。

 

 

その後、ドレミファソラシド〜♪と歌ってみます。弾かないで、声だけ。

 

 

 

最後の、高いド、を歌った時に、鍵盤で弾いてみます。

 

 

どうですか?その音と声は合っていますか?

 

始まりの音を変えます。

 

レからスタート、レから高いレまでの階段、

ファとドにはシャープ#をつけた階段、

二長調の階段にします。

 

次はミからスタート、、、

 

 

このように色々な音からスタートの階段、

色々な調でやってみます。

 

そうすると、だんだん音程が理解できます。

 

次は歌を練習します。

 

取りにくい音程やリズムはどこか、離れた音へ飛ぶ時に音程は正しいか。

 

 

歌いながら手を使ったりもします。音程の幅を意識させる為です。

 

 

 

 

このように、

 

耳と声、の両輪で鍛えていかないと、違う曲になると、やっぱり音が外れます。

 

 

 

熱唱してるわりに、音程がイマイチ、、

 

 

だと、ちょっと惜しいので(^^;)

 

ぜひぜひ、やってみて欲しいですね。

 

 

 

拍の表裏とは
発表会に向けてギアを上げます

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.