ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

練習環境を整えましょう

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

今日は練習環境について話したいと思います。

 

ピアノを習い始めると、上達する為に練習を頑張って欲しいので、家での練習環境がどうなっているか、聞いてます。

 

具体的には、まずは楽器があるかどうか、と、楽器の置いてある部屋はどこか。

 

この時の、楽器の置いてある場所、部屋がポイントです。例えば、①普段家族が集まるリビングにあるか(冷暖房あり)、②1階の別の部屋か(冷暖房ありとなし)、③2階の自分の部屋か、、。

 

では子どもが練習しやすいのは、この中だとどこだと思いますか?

 

これは、

 

やはり①ですね。

 

 

理由は、小さな子は親に見守られながら声をかけられたりして安心して練習できます。
まわりに気にかけてもらえますね。冷暖房も、気にしなくとも過ごしやすい温度になってます。

また、普段の生活圏(リビングは皆が集まるほっとする所でそのような空間)の中に、スッと自然にピアノが目に入ってきて、あ、練習しなきゃ、と無意識のうちが実は意識付けさせられていて練習意欲につながっている。
ただ、リビングだとやはりピアノの音がうるさいと感じることもあります。会話やテレビの音、下のお子さんのことなど、ご家族のご理解、協力が必要ですね。

 

 

②だと、別の部屋に行って練習するのが怖いって言う子もいますし、練習してたらリビングで家族の笑い声とか聞こえて、なんだか自分だけ寂しくなってしまい、練習もすぐに辞めるという事も。-_-bあと、冷暖房なし、だとなかなか難しいですね。冷暖房ありでも、先につけて温めておく、など準備が面倒になって、結局寒い中でしてすぐ終わる!なんて事も。

 

 

③は、エアコンがまだ付けてない子もいて、
夏場の暑い中、冬場の寒い中は、やはり練習は難しいですね〜( ˘ω˘ )そして、2階がちょっと孤立感があるかも。

 

 

でも、どこに楽器が置いてあろうが練習したい!しなきゃ!としっかり思う子は、場所は関係ないとも思いますが(^^;)小さなうちは子どもの、見とってや!聞いとってや!は、きっと安心したいと思いますので、見とるよ〜、聞いてるよ〜、うまくなったね〜、と見守って励ましてもらえたら嬉しいですね。

クリスマスを楽しもう♪
新しいリズムカード☆

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.