ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

楽しくない練習をする時に考えることは?

こんにちは。
能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

11月に入りました。早いなあ、今年ももう終わりかーと思うのが、新しい手帳やカレンダーをお店で見かけるようになった時。ああ、新しいのを準備しなきゃ、と思って見てました。うーむ、どれにしようかなー^^選ぶのは楽しいですね。

 

 

さて、今回は、楽しくない練習をする時に何を考えるか、です。どうでしょうか?どういう考え方をすると、楽しくない、が、変わっていく?解消されていく?と思いますか。

 

 

ピアノは弾けると楽しいです(^_^)。色々な曲が弾けるようになると楽しいものです。

 

 

ですが、ある段階から、それ以上の技術をつける為には、曲ばかりを弾くのではなく、指のための練習曲に取り組んだ方が指が強くなり技術も上がってきます。

 

 

それで、指の練習曲をするのですが、これが楽しくない(^^;)!ひたすら指を強化する為に少し負荷を与えていく、、地道にやっていくものです。また、普通の曲でも、例えばこの曲ではスタッカートが目的だな、と分かるくらいスタッカートばかりの曲や、ペダルの踏み方が目的だな、と分かる曲もあり、ちょっと厳しいとこの曲嫌だなーということも。

 

 

私たちは、成長や成果をすぐに求めてしまいがちです。ですが、この指の練習などのテクニックを上げていく練習は、その成果はしばらく感じなくて、続けていくことである日身についている、と実感します。先、で分かることです。

 

 

どうしてこの練習曲をするのか、何の為になるのか、をまずは教えて、実感するのはすぐではないけど、信じてやっていけば変わっていくから、と伝えます。実感は、他の曲を弾いたりすると、あ、前と違うかも?楽になってるかな?と。小さい変化でも感じるようになると、より強い気持ちで練習できます。

 

 

長い目で見て考えて欲しいので、まずはやってみよう、と、気楽に始めて欲しいです。
この練習をして、指がなめらかに動くようになる、細かい速い動きにも対応できるようになる、ので、ぜひやりつつ変化に気づいて欲しいなあー(^_^*)

 

 

グレードテスト全員合格(*^o^*)!
ギブス卒業しました〜!

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.