ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

ピアノで『逆転満塁ホームラン』は可能か?

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

昨日は金沢マラソン、があり、テレビでも放送されていました。雨でしたが、皆さん力強く走っていて、本当にすごい〜と思って見てました。県内外の沢山のランナーが参加されていて、金沢の美しい街並みを眺めて走るのは素晴らしい、休憩場に出される食べ物が美味しい^^と。嬉しいですね。いつか、私も金沢マラソンにチャレンジしてみたいような、できないような、、(^^;)いつか!ですね。

 

さて、今回のテーマについて。

 

 

ピアノを習っていると、コツコツ練習していく忍耐力や人前で弾く強い気持ち、計画を立てて期限までに仕上げる力、、など色々な事が身についていきますが、どれも地道に努力してやってきたからこそ身につくものです。
やってないのに、スーパーマンのようになるわけではありませんね。

 

スポーツでは、大きな大会や試合に出ると、皆さんの応援が力になって優勝しました!とあるように、普段では出せない好記録や新記録を達成したりすることがあります。火事場の馬鹿力、ですね。

 

 

気持ちも高まり、まさに”のってきて” 運も味方になり、、と、様々な状況が重なっていきます。練習は嫌いだけど試合は好き、試合になると負けたくないから頑張れる!

 

では、ピアノではどうでしょうか。

 

 

発表会やコンクールで一発勝負の演奏をする時に、野球で言う”逆転満塁ホームラン”的な、ここ一番!な時に、今までのことをひっくり返すような素晴らしい演奏、今まで弾いた中での最高の演奏がだせるか?!

 

うーん、

 

 

これは、難しいですね、ほぼ無理だと思います。

 

そこでの演奏は、今までの積み重ね、が素直に出ます。ピアノはごまかしがきかないのです。練習でうまく弾けないところが、本番で急に出来るようになる事は、ほぼないです。そういう、積み重ねが大切なもの、です。

 

 

それでも、たまに、発表会になると何でか?上手く弾けてしまう子はいます。(*_*)こちらが驚いてしまいます。え?!直前まで心配やったのに!?と。

 

 

でも、よくよく考えると、その子は練習を最後まで続けてきたので、発表会の演奏は”たまたまのラッキー的な事”ではなく、必然なものだったと考えます。

 

 

ピアノは素直に演奏に表れます。ピアノを騙したりごまかしたりは出来ないです。練習したまま、がでます。だから、普段の練習が大切なんですね。

 

練習した?したよ、

と会話して、演奏を聴くと、、、

練習やってないな、、(-。-;、

と分かります。隠せないものです。

 

 

やってないの分かるから〜!W(`0`)W

男女で力の差!?
ハロウィンを楽しもう☆

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.