ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

〇〇の高さ、気にしてますか?

こんにちは。能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

さて、今回は〇〇の高さ、気にしてますか?ということで、これは椅子、です。

 

椅子の高さはすごく重要です。椅子の高さが合わないと弾きにくくなってしまいます。どうしてでしょうか。

 

椅子の高さを調整する時に見るポイントは、鍵盤に手を乗せた時の手首から腕の高さ、角度です。

 

レッスンでは一人一人に合わせて高さを調整しています。生徒の子どもたちは、何も言わずともベストな高さに座るのですが、高さが合っているか、わかっているのかな?と思い、試しに調整しないで、前の子の高さのままにしました(^-^;ごめんね。

 

そしたら!そのまま座って弾いてしまいました(*_*)あら〜、何とも思ってない感じ??

たまらず、声かけます。

椅子の高さ、変じゃない?どう?

え?別に、、まあ、言われてみたらちょっと高いような、でも弾けるし大丈夫や。

 

ちょっと高い(低い)けど弾ける、みたいな、グレーゾーンは少しあっても、椅子の高さは人それぞれで必ず調整して座ります。調整はくせ、にして欲しいです。また、椅子には背もたれまでおしりを置いて座るのではなく、椅子の奥行き半分くらいに座って弾きます。

 

ピアノの高さは変わらない、身長の違う子どもや大人が同じ鍵盤の高さで弾ける、ということは、逆に椅子の高さで個々に応じて高さを合わせている、ということですね。

 

横からの写真や動画で、自分がどんな風に弾いているのか、椅子の高さや姿勢も見てみましょうね。

とてもいい高さです。椅子も半分。楽譜にも目線が合いますね。

この場合の腕の角度、どうですか?下がりすぎてます。

だいぶ角度はいいですね。手首が無いぬいぐるみ?なので、あくまで腕の角度だけに注目してみてください(^^;)首も座ってない、、

イメージでした。

楽しんできました!
学校とハノン

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.