ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

最後の音はどう鳴らす?

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

連日のショパンコンクールで、

私は寝不足です(*_*)はは、

 

 

時差があるので、演奏が日本時間の24時や、

25時になります。

 

 

ついに3次予選まできて、

益々注目度も高く、一人一人の演奏が楽しみ

でしたので、起きてライブ配信を聴いて

 

 

すごいよかった〜‼️

うわっきれい‼️

かっこいい〜、

 

と、応援してます。

 

予選を重ねるうちに、どんどんリラックス

していって、

 

さらに演奏がキラキラしてきて、

 

もうここまできたら、

どの方も素晴らしく、

 

演奏者皆さんが、悔いのない、自分らしい

演奏が出来ることを願うばかりです。

 

 

さて、もしかしたらこの記事をアップする

頃には、ファイナリストの発表があるかもしれませんが、

 

昨日演奏した、小林愛実さん、

完成度が高く、素晴らしかったです。

 

演奏した 『24の前奏曲』

 

この24曲目、最後の曲の最後の音、

 

低音のレ、

 

を3回鳴らすんですが、

あるテクニックを使っています。

 

それは、

 

レの両側、ドとミを、

左手で鍵盤をゆっくり沈ませて、

 

レ、の鍵盤を浮き立たせて弾きやすくし、

 

右手3本でドーン、、、と、

 

重たく悲しく、魂のこもった音、

悲しみの叫びのような、

終わりの鐘のような、、

 

深い深い音で終わります。

(これがかっこいいのなんのって!!)

 

 

グランドピアノの特性で、

ゆっくりゆっくり鍵盤を沈ませると、

半分くらいの所で一旦カクン、となります。

 

そして音を鳴らせずに、鍵盤を下まで

沈ませられます。弾きたい鍵盤だけを狙いやすく

なり、また強い音なので、1本じゃなく3本

縦に並んで力を込めて弾きます。

 

ぐー、の形、げんこつで

ハンマーのように叩く人も。

 

上手くピアノの構造を活かした弾き方。

 

コミック『ピアノの森』でも、

海くんがその弾き方をしてますよ!^^

 

かっこいいわ〜

 

 

 

 

 

 

 

レッスンの様子
ファイナリスト‼️反田さん、小林さん!

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.