ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

先生は楽譜のどこを見てる?

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノです。

 

 

さて、レッスンでの事です。

 

生徒さんは初めて弾く曲なので、初見で弾いていました。私も初めての曲です。

 

両手は難しそうなので、片手ずつ弾いてもらい、

次回は両手で合わせてみてね、と宿題に。

 

 

どんな感じの曲かイメージさせるために、少し両手で弾いてきかせました。

 

こんな感じやね、どう?つかめた?

 

 

はい、って言うか、、先生ってどこ見てるんですか⁈

初めての曲なのに、もう弾けるってすごすぎなんですけど!(°▽°)

 

 

え?どこを見てるかって?

そんな事聞かれた事なかったわ、、?!

 

 

 

答えは、全体的、でしょうか。

 

 

両手で弾くので楽譜は二段になっている(大譜表)

のですが、初めからその二段をまとめて見ています。上下の二段は連動していますから。

 

 

楽譜を見ることで、音符の高低や幅の距離感でリズムの長さや手の位置が分かります。

 

(その他は拍子、調号、速度、メロディの作り、強弱、などから曲想をつかみます。)

 

 

なんて、得意気に言ってますが、

 

私も子どもの頃は譜読みに苦労してましたよ!

 

音は読めるけど、リズムがわからない、リズムに合わせて弾けない、

 

 

新しい曲では毎回この壁に当たります。

 

ひーひー言いながら、必死に読んでいて。

 

やっぱり数はこなさないと、慣れません。

 

数をこなしていく事で経験値が増えます。

経験が積み重なっていくと、

 

 

あれ?これ、前に弾いたのに似てる?

 

という事もあります。気づき、が増えていきます。

 

似てると気がつくと、弾きやすくなったり。

 

 

 

両手に苦手意識を持たないように、

今は導入期の小さなお子さんも二段の楽譜からスタートしていきます。

 

楽譜を見ながら弾く、、

 

どっちの手で弾く?

 

 

全て答えは楽譜にあります。^^

 

楽譜と仲良し、になりまっし〜❣️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伴奏 音楽 小学生
レッスンの様子 幼児さん

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.