ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

バランスの悪い自転車に乗るようなもの

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

寒くなりましたね。肌が乾燥してきます。この時期から手荒れがひどくなるので、ピアノを弾く身としてはつらい!予防やケアは大事ですね。

 

 

さて、思うように身体を動かせない、事があります。

 

自分では思った通りやってるつもりだけど、撮って見ると出来ていない、

 

 

あれ?なんで?こんなはずじゃ…

 

 

真っ直ぐに立ち、両腕を水平にして、身体をTの字にする、とします。

 

腕の上げる角度など、水平をイメージしてやります。

その後、鏡や撮って自分の姿を見たら…

 

どうでしょうか。

キレイなTの字、なってますか?

両腕の角度、前後のねじれ、ありませんか?

 

 

身体はくせなどの生活習慣や利き手、好きな方向、などで左右に少し差はあるものです。歪み、がでます。それによって、さらに筋肉のつき方も変わったりして、身体の左右は同じではありません。

 

左右で同じ事をする、は、実は左右の使い方や力のかけ方は同じでない。それをコントロールして調整します。

 

 

ピアノを習い始めの小さな生徒さんは、

まるでバランスの悪い自転車に乗るようなものです。

 

自分の指がまだ上手くコントロールできず、1本1本の指が独立して動かせないので、他の指もつられてついてきてしまったり。

 

それがスタートです。

 

その後、どうなるか…?

 

 

だんだん指が動きやすくなります。コントロールできてきます。乗ってる人も身体の成長もあり、力もついてきて勉強していきます。自転車のくせ、が分かるようになります。そうなると自転車を乗りこなしていく。

 

あ〜自分はここがやりにくいのか、

私はここは得意だ!

 

 

小さな子が不安定な自転車に乗っていたのが、

 

だんだん変化していき、

 

成長した子が安定感のある自転車に乗るように

なっていく、んです。子どもも自転車も変わっていくと言う事。

 

 

自分の身体、特に指先をコントロールするって実は簡単ではありません。

 

指や耳、目も使って、それこそ

 

“全集中”してます^^

 

練習していたら、頑張ってね、いいね、の励ましが嬉しいので、ぜひ声かけてほしいですね。

 

 

 

 

 

 

めざせ合格300への道!
第3波 過去最大

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.