ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

平均点を上げる、整える

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

ピアノの演奏を、5回するとします。

 

一人で同じ曲を連続5回。

 

曲と曲には、少し、5分から10分くらい、間を空けます。

 

さて、一番上手に弾けるのは、何回目の演奏でしょうか。

 

 

変な質問です。

 

 

だってそんなこと、わかるわけない(・∀・)

 

 

逆に、こう言いましょう。

 

 

『必ず後の方が上手く弾ける、は違う』

 

 

5回目の方が1回目より絶対に良い、

弾けば弾くほど良いはず、

 

 

だと、5回目がベスト、に思われますが、

 

私たちは人間で、指は動かしていると疲労してきます。疲れてきて動きづらくなります。

 

 

指にも、体力があります。そして、弾けば消耗して減っていきます。

 

だから、5回目がベスト、はハテナ❓です。

 

 

じゃあ、1回目が良いか?

そうともいえない。

 

 

 

う〜ん、実はこの質問の答えは、

 

 

分からない、です。

 

 

1回目だと、指の動きが悪いかもしれないし、

5回目だと疲れているかもしれない、

 

1回目は集中できた、できなかった、けど、

次はできた、できなかった、、

 

 

 

発表会など、人前で演奏するときは、

1回目から5回目、いつ弾いてもしっかり弾けていたい。

 

だから、振れ幅が少なく平均点を上げていく、ことが大事です。

 

 

1回目から5回目までを、数字で表してみると、

 

①90、70、50、60、80、合計350、

②72、71、69、70、68、合計350、

 

この2パターンだと、両方平均が70になるけど、

 

①は最大値と最下位の幅が40、もあり、演奏にムラがあると分かります。上手くいく時もあれば、そうでない時も。

 

②だと、割と安定していると分かります。理想的です。

 

 

(数字は目安です)

 

いつでも、どんな時でも安定した演奏になるように、整えていきます。

 

 

心を整えていくように、、

 

 

 

 

七夕でピアノ
第二回オンライン弾き合い会

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.