ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

『大人子ども』にならなくていい

こんにちは。

 

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

 

 

レッスンの様子をご覧になったお母さんが、

 

 

先生、うちの子どもがきちんと出来てなくて本当にすみません〜💦(演奏ではなく態度)

また家でよく言って聞かせますので‼️

 

 

と、申し訳なさそうにされます。

 

 

お子さんのレッスンでの態度が気になって仕方ないようです。

 

 

見ていて恥ずかしいやらイライラするようで。

 

 

 

年齢と内容にもよりますが、子どもができてない事で、お母さんが申し訳なく思う必要はないで
す。私に謝る必要もないですよ、と。

 

 

真面目できちんとされてる方が、わりとそう思うかもしれませんね。

 

 

ちゃんとしないとダメじゃない、先生に失礼だと。

 

そして、自分の子どもには出来てほしい、の願望もあるのかもしれません。

 

 

 

 

年齢によって出来る事や思考が変わり、成長していきます。

 

3才の子に、初めての乗り物で、大人の自転車を与える事はしません。まずは三輪車から。

 

スプーンの前に箸は無理です。

歩けない子に先に走れ、は無理です。

 

 

 

何かを覚えたり出来るようになる事には、年齢も、成長段階があります。

 

 

 

出来る事と出来ない事の中に、して欲しい事、私の子なら出来てて欲しい事が絡まっていきます。

 

 

大人子ども、

 

 

 

子どもなのに大人のように振る舞える子、
こちらの気持ちを汲んだり空気を読める子、

って、いるかもしれませんが、

 

 

立派過ぎると、不自然、、逆に変な感じがしませんか?

 

まるで、出来杉くん、です。

 

 

 

年齢から考えられる範囲を超えた、大人が子どもになったような子は、逆に心配になります。

 

 

あまりにきちんとしすぎて、

 

それは、本当のあなたなの?と、思います。

 

 

仮面を被ってないかい?

我慢してない?

 

 

 

ある程度の年齢になると、周りから見られる自分、を意識出来るようになります。ちゃんとしないとどうなるか、が理解できるようになります。見られたい自分像もあったり。

 

 

それまでは、子どもなんて、周りからの事なんてわからないものです(^^;)

 

 

それが子どもで、普通の事です。

 

 

 

年齢に合わない事をさせたりすると、意味も理解せずに、ただ、している事になります。

 

それで周りの大人は喜んだり褒めてくれますが、

 

子どもは能面のような、表情のない子になってしまいます。目に力や輝きがない。

 

 

 

子どもって、そんなもんですよ〜、
他の子もそうですよ〜。

 

 

 

成長して変わっていく姿を何人も見ていますので、きっと〇〇ちゃんも、、‼️^^

 

 

植物も成長しました〜、

思ったより大きくなりすぎて、場所とる〜💦

 

 

 

 

 

 

 

同級生コンビの連弾❣️
初めての試みに挑戦☆

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.