ページトップへ戻る

レッスンダイアリー Lesson Diary

子どもの心をくすぐる3つの事とは?

こんにちは。

能美市のピアノ教室、いしくらピアノ教室です。

 

今回は、子どもの心をくすぐるには、についてです。

 

 

私自身も子どもだったし、親になってからは自分の子どもも育ててきて、そして、今までたくさんの生徒さんの成長を見てきてどんな風に思うか、ですが、③つあります。

 

まず、①子どもはちょっと難しい事をするのが好きです。(^∇^)

 

ここでのポイントは、ちょっと難しい、です。ちょっと難しい、だと頑張れば大概できます。これは、頑張って出来て欲しいので、加減を見極めてやります。

 

そこで、すかさず誉める!!
え!?出来たの?すごい〜!(*’▽’*)ここが難しいと思うけど出来たね〜!どうやって練習したの?へ〜!

 

②比較したり他から刺激がある事で伸びる。

 

これは、昔の自分でもいいし、同じ年の友達でもいい。演奏を聴いて何かを感じてくれたら、お互いの良い刺激になります。又、ライバルのような子や憧れたい子がいると良いですね。子どもにも、周りかから見られたい理想的な自分、があります。子どもにも意地やプライドが立派にあります^^そのあたりを上手くもっていくと、良い変化につながるかと。

 

 

③チャレンジした事がすごいと理解させる(結果よりも小さいうちは目標にむかって頑張る経験が大切!)

 

グレードテストやコンクールは、審査、評価されます。それが、不合格だと、まるで生きていけない〜!この世の終わり(^^;)自信喪失になる、お母さんに怒られる〜?(*_*)なぜ?一生懸命練習してたら言わないよ?
という子がいます。

 

なぜ、不合格はダメなの?ಠ_ಠ?

 

シンプルな質問です。

 

え〜?だって、、、嫌やもん、不合格は。

分かるよ、誰だって不合格は嫌やね、

 

 

合格を目指すけど、上手くいかない事もある。それが、沢山の経験のひとつにすぎなくて、人生において今後色々な場でそういう事があるけど、子ども時代はチャレンジすれば伸びますし、不合格でも頑張っていたなら誰も責めないよ。チャレンジした事がえらいんだよ。

 

 

大人になると、間違いや失敗は恥ずかしく、なるべくしたくないものです。でも間違ったら聞いて教えてもらったり、やり直せばいいだけです。

 

子どものうちは、思いきって何にでもチャレンジをしてほしいです。上手くいっても上手くいかなくても、心が成長します。

 

上手くいけば自信になり、上手くいかなくても立ち上がる強さを持てます。

 

こういう事を意識しております。^^

継続は〇〇〇の連続②
“コツコツ”がわからない!?

Copyright © 2019 Ishikura Piano School
All Rights Reserved.